2016.07.02
Sat

フィギュアスケートでバッハのチェロ組曲

ヨーヨー・マ インスパイアド・バイ・バッハ~無伴奏チェロ組曲第5番&第6番~ [DVD]

先日、浅田真央選手が来季のプログラムにバッハの無伴奏チェロ組曲を使用することについて触れましたが、フィギュアスケートでバッハの組曲が使われるのはもちろん初めてではなく、特にアイスダンスの伝説的なペア、イギリスのトーヴィル/ディーン組が、ヨーヨー・マのバッハの組曲DVD「インスパイアド・バイ・バッハ」(1998年)で、組曲第6番を"演じた"ことを忘れてはいけないように思います。

(なお、このときの第5番で演じているのが、歌舞伎の坂東玉三郎。)

トーヴィル/ディーン組は、競技では1984年サラエボ・オリンピックで金メダルを取ったラヴェル「ボレロ」の完璧な演技が強く記憶に残っています。

***

競技本番でバッハの組曲が使われた例。アメリカのジョシュア・ファリス(21)という選手の2013年のショートプログラムの演技。 1番プレリュードの間にアルマンドの一部が挿入されていますね。

ヨーヨー・マの演奏を使っているようです。浅田真央選手は誰の演奏を使うのか?というのも気になります。

関連記事

タグ : ヨーヨー・マ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック