2016.05.29
(Sun)

アップボウのハプニング

室内楽コンサート本番中のチェリストの失敗…今年4月13日、パリのルーヴル美術館オーデトリアムでの室内楽コンサートでドホナーニの弦楽三重奏のためのセレナードOp.10を演奏していたときのこと。

これだけならふつうのチェリストが人生に一度くらいは経験することかも知れませんが、これはコンクール優勝歴もあり、すでに国際的に活躍しているチェリスト、キアン・ソルタニ(Kian Soltani, 1992-, HP)が自分でフェースブックにアップしていたからおかしい。

演奏しながら自分たちで笑ってるし…

ソルタニは今年10月来日して、バイオリンのアンネ=ゾフィー・ムターとサントリーホールで共演したりしますね。

関連記事

タグ : チェロ事件簿 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック