2016.05.20
(Fri)

全仏2016ドロー

来週から始まる全仏ドローがきょう20日決定。男子単のシード上位8人の配置は:

ジョコビッチ v ベルディヒ
ナダル v ツォンガ
バブリンカ v ラオニッチ
マレー v 錦織

フェデラー、モンフィスは欠場。

第5シードの錦織選手はマレーのブロック。

そのマレーに当たる準々決勝に進むためには1回戦ボレッリ、2回戦ベッカーかクズネツォフ、3回戦ベルダスコ、4回戦キリオスかガスケ(またしても!)…に勝たなければいけないから中々大変。

[追記] 錦織選手は4回戦でガスケに4-6, 2-6, 6-4, 2-6で敗退。ローマ、マドリードで続けてガスケを破ったときのような攻撃ができなかったのは、雨模様で重くなったボールのせいもあるかも知れないし、ベルダスコの大当たりでフルセットにもつれた3回戦の疲れもあったかも知れない…。優勝はジョコビッチが初の優勝で、生涯グランドスラム達成。

関連記事

タグ : 錦織圭 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック