2016.05.15
Sun

発表会

発表会でエルガーのチェロ協奏曲1楽章を弾いてきました。 会場は先生のお宅近くのイタリアン・レストラン。 聴衆はR子先生の生徒とその家族、合わせて20名足らずというあたたかい雰囲気の中で、 日頃練習してきたことは出せたかなと思います。 160515-1.jpg 160515-2.jpg

今回特に苦心したのは、ウォーミングアップから自分の演奏順まで時間があいたときの弾き出しかた。 開演前、公共施設で音だしはできましたが、レストランに着いてからは音が出せなかったので。 一週間くらい前から、ウォーミングアップなしで通す練習などしてきました。

特にエルガーの協奏曲は冒頭のチェロ独奏が大事…きちんとカウントをとって、ここはカウントいくつまでがまんするなど自分なりチェックポイントを決めてある程度守れたのは良かったんじゃないかと思います。

全員の演奏が終わると、ワインやおいしい料理が出てきてそのままパーティ。 R子先生とデュオを弾かせてもらったのが楽しい思い出になりました(ショスタコーヴィチ「2つのヴァイオリンのための5つの小品」アトフミヤン編からプレリュードとガボット)。

関連記事

コメント

No title

発表会お疲れ様でした(^^)

本番の時って、単に曲の解釈がどう、テクニック的にどう、ということの他に、会場の広さ、順番、音出しできるかどうか、弾き通す上でポイント、とか事前の脳内シュミレーションとかが決定的だったりしますよね。
あと、ショスタコのそんな曲があるんですね。興味持ちました(^^)

2016/05/16 (Mon) 09:58 | たこすけ #vkcXtX9g | URL | 編集

> たこすけさん
ありがとうございます。正にその通りなんですよね。たこすけさんと同じまな板の上に乗ったりしましたが(^^;)そうした場数を少しは経験して、そう思うようになりました。
ショスタコの曲のことは別記事であらためて。

2016/05/16 (Mon) 10:35 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック