2016.05.11
(Wed)

ムーンライター・コンクール

ニューヨークのクラシック音楽専門ラジオ局WQXRが、初の試みとしてアマチュア演奏家を対象としたコンクールを開き、その本選が先日6日に行われたそうです。

WQXR Classical Moonlighters Competition

このコンクール、ニューヨーク市近郊に住むアマチュア演奏家なら、器楽・声楽・ソロ/アンサンブルを問わず誰でも参加でき、 13歳から18歳、19歳から34歳、35歳以上の3つの年代別にビデオ審査で選ばれた各3組ずつが本選で腕前を披露したもの。 優勝者はプロのレッスンを受けたのち、リンカーン・センターで演奏することになっているそうです。 審査員の一人は、ブレンターノ・カルテットのチェロ奏者で映画「25年目の弦楽四重奏」にも出演したNina Leeさん。

このコンクールのタイトルで、アマチュア演奏家たちのことを moonlighters と呼ぶのが面白いと思いました。

moonlighter n 《正規の仕事のほかに》(特に夜の)アルバイトをする者、月光族、…
[研究社リーダーズ英和]

moonlighter 【名】アルバイトをする人、夜鷹、…
[アルク英辞郎]

夜鷹…

18歳以下の部の本選に選ばれた1人、ソフィアさんのバッハ無伴奏3番プレリュード。

ソフィアさんは18歳の高校生で昨年のナショナル・ユース・オーケストラのメンバーでもあったらしいから、moonlighterというより将来の音楽家という目で見なければいけないのかも知れませんが…名門エール大学進学が決まっており、空手の黒帯でもあるそう。

35歳以上の部で優勝したアマチュア弦楽合奏団Camerata Notturna(こちらも"夜の室内合奏団"という意味)のビオラ9人のアンサンブルによるハンガリー舞曲5番。こちらは楽しそう。

審査員がジョークもまじえながら全参加者を温かく褒めていた6日の本選の様子は、WQXRの番組のリンクから見られます。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック