2016.05.06
Fri

「徹子の部屋」に宮田大さんが出演

チェリストの宮田大さんが5月17日(火)の「徹子の部屋」[テレビ朝日]に出演されるそうです。

すでに番組の収録があったことは、宮田大さんのFacebookページで黒柳徹子さんとのツーショットの写真とともにお知らせがあったので知っていましたが、きょう同じFacebookページで放送予定日のお知らせがあったもの。宮田さんからどんな話が聞けるのか楽しみですし、これでまた宮田大さんのことを新たに知ってファンになる人が増えることでしょう。

「徹子の部屋」にチェリストが出演したというと、2009年の堤剛さんの出演が記憶に新しいところですが、1976年の開始から40周年を迎えた「徹子の部屋」のこと、たくさんのゲストの中にはチェリストも多数含まれているのではないかと思っていたら、あのヨーヨー・マも「徹子の部屋」に出演していたらしいことを知りました!

1983年、ヨーヨー・マ2度目の来日のときで、リンクはしませんがこのときの貴重な音声をYouTubeにアップしておられた方がいるので聞いてみると、このとき黒柳徹子さんはヨーヨー・マのことを
若手のチェリストとしては世界でナンバーワンと言われていらっしゃる…」
と紹介しているのです。33年前、28歳のヨーヨー・マの声が初々しい。

『徹子の部屋』40周年Anniversary Book (ぴあMOOK) チェリストでは他にもロストロポーヴィチ、マイスキーらも出演したことがあるようです。 昨年刊行された番組の40周年記念本には、これまでの全ゲストのリストが載っているらしいので、これを見ればより詳しく確認できるのだろうと思います(やってませんけど)。

ヨーヨー・マが出演したときに演奏したのは、バッハの無伴奏組曲3番のブーレ。堤剛さんも3番のブーレでした。 宮田さんが何を弾いてくれるのかまだわかりませんが、勝手に予想すると、やはり「3番ブーレの伝統」を引き継ぐんじゃないでしょうか? そうでなければ去年、同じテレビ朝日の「報道ステーション」に出演したときに弾いた「リベルタンゴ」のチェロ独奏も良かった。 番組を考えると「文楽」とかではないと思いますが…

ヨーヨー・マとほぼ同じ歳で「徹子の部屋」に出演する29歳の宮田大さんが、何を語り何を弾いてくれるのか楽しみです。

[5.14追記] 番組HPに掲載された予告。

5月17日(火) ※解説放送
チェリスト 宮田大(みやた だい)
世界が認める! イケメンチェリスト宮田大
世界的コンクール「ロストロポーヴィチ国際チェロコンクール」で、日本人初優勝の快挙を遂げ、今、世界から注目される若手チェリスト宮田大さん。3歳から音楽教師の両親のもとチェロを始め、高校生の頃 世界のマエストロ小澤征爾さんと出会った。そして、小澤さんのある一言が、プロの演奏家を目指すきっかけになったと語る。今回は、素晴らしい演奏と共に、楽器チェロを、じっくりと面白く解説していただく。 

なお、解説放送とは、副音声による解説も加わる放送、ということのよう。

[5.17追記] 放送見ました。前半は宮田さんによるチェロという楽器の解説。昨年の「徹子の部屋」クラシック・コンサートでの演奏ビデオ(ポッパー「ハンガリー狂詩曲」)。黒柳徹子さんは昔チェロを弾いてみようと思い立ち、楽器を借りてみたことはあるものの、持ち運ぼうにも山手線目黒駅での乗り換えが大変、音を出すのも大変で、あくる日楽器を返してしまったらしい。後半は幼少の頃からの練習の思い出、小澤征爾さんに「自由に弾いていいんだよ」と言われた話など。宮田さんがスタジオで演奏したのは、バッハの無伴奏組曲1番プレリュードでした。再放送は5月28日(土)12:00からBS朝日で。

関連記事

タグ : 宮田大  ヨーヨー・マ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック