2016.03.23
Wed

ヨーヨー・マ+ベルリンフィルのシューマン協奏曲

ヨーヨー・マが20日にベルリンフィルと共演したコンサートがARTEのサイトで見られるようになっていました。バーデン=バーデンでのイースター音楽祭の演奏会で、20日(日本時間21日未明)に行われたこのコンサートは、ベルリンフィルのデジタルコンサートホールでもライブ中継され、間もなくアーカイブで公開されるはずですが、一足早くARTEが公開したもの。

Die Berliner Philharmoniker, Yo-Yo Ma und Manfred Honeck bei den Osterfestspielen in Baden-Baden [Arte.tv]

無料ですが1週間の限定公開。※その後、コメントのご指摘で日本からは視聴できなくなっていることに気づきました…

マンフレート・ホーネックとヨーヨー・マがバーデン=バーデンで共演 [ベルリン・フィル デジタル・コンサートホール ]
※25日公開。登録とチケット購入が必要。

ブラームスの悲劇的序曲の後、ヨーヨー・マが登場してシューマンのチェロ協奏曲を弾くのは17分頃から。アンコールはバッハの無伴奏5番サラバンド。後半はチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」。指揮はマンフレート・ホーネック。

ヨーヨー・マのすぐ後ろに映っているベルリンフィルのチェロのトップ、Bruno Delepelaireが採用されたときのことは前に書きましたが、ヨーヨー・マが演奏後、彼の大ファンでもあるという若き首席チェロ奏者をしきりに称える姿が印象的。


ヨーヨー・マはこのあとベルリンで22日にバッハの無伴奏チェロ組曲全曲、24日にドボルザークの協奏曲(バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリン)を弾くことになっているはずですから、相変わらず忙しい。

[追記] 22日夜、ベルリンのフィルハーモニー・ホールで、2千人の聴衆を前にバッハの組曲を演奏したヨーヨー・マは、4番を演奏し終えると立ち上がって、次の5番をこの日の朝ブリュッセルで犠牲になった人に捧げるとドイツ語で言ってから演奏したのだそう。

関連記事

タグ : ヨーヨー・マ 

コメント

No title

リンク先にいってみたのですが、「あなたの国では視聴できない」的なアナウンスが出て、見れなかったです。残念。

2016/03/25 (Fri) 09:29 | feli #mQop/nM. | URL | 編集

> feliさん
あれ?ほんとだ!少なくとも23日には見れていたんですけどね。
ベルリンフィルのデジタルコンサートホールではきょう公開されたようなので(もしかしたらそのこととも関係あるかも?)見逃した方はそちらで…

2016/03/25 (Fri) 09:56 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

No title

ご確認をありがとうございました。やっぱりそうなんですね。

2016/03/25 (Fri) 11:00 | feli #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック