2016.02.28
(Sun)

練習会

160227.jpg

27日夜、来月に迫った「チェロの日」に向けた練習会。土曜日とあってか参加者は最多の 8 + 10 + 13 + 10 + 指揮者 + 見学者 = 43名。会場もにぎやか。

さすがに練習を重ねて来たおかげで、細かいことはさておき、だいぶ仕上がってきたような気が。

本番で指揮の山本祐ノ介さんがどのように振るか、練習指導のIさんのおかげで、いくつかのパターンの練習もできている。テンポの速いパターンと遅いパターンなど。 グリーグ「過ぎた春」のスルポンティチェロ指定などは、かなり極端と思われるパターンで練習しているが、どうだろうか。 意外と直前のリハーサルで「やっぱりこっちにしよう」と変更になったりして…。 そうなるとアマチュアはあたふたするかも知れないけど、それもまたプロの方と一緒に本番が迎えられる醍醐味というものかも。

個人的には、高い音域を弾くときA線で跳躍するかそれとも横のD線を使うか、近くの人もちらちら見て試行錯誤。この日Iさんから「A線で」と言われておおっとなったのは「傷ついた心」35小節アウフタクトからの6度上昇。

帰りの反省会も16名と盛会。

関連記事

タグ : チェロの日 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック