2016.02.23
Tue

「チェロの日」コンサート

celloday2016.jpg

第6回「チェロの日」(3/20~21)まであと1ヶ月を切りましたが、2日目は、70人のチェロオーケストラ参加者の家族・友人がつめかけるせいかチケットの出足が好調な一方、1日目午後のコンサートはまだチケットに少し余裕があるようです。

この20日の「チェロと仲良くなるコンサート」は、参加者の私たちも聴くのを楽しみにしていて…

2016年3月20日(日) 15時開演
サントリーホール ブルーローズ

プログラム

チェロ:黒川 実咲  ピアノ:江沢 茂敏
ブラームス:チェロとピアノのためのソナタ第2番

チェロ:髙木 慶太  バンドネオン:鈴木 崇朗
ピアソラ:ル・グラン・タンゴ  ほか

チェロ:堀 了介・堀 沙也香  ピアノ:山崎 早登美
ピアッティ:セレナーデ
カッチーニ:アヴェ・マリア
山田耕筰:からたちの花
岡野禎一:朧月夜
ショスタコーヴィチ:5つの小品

黒川実咲さんは「チェロの日」2度目の登場。3年前にお会いしたときにはまだ「美少女」という感じだったけど、どんなふうに成長しておられるのか楽しみ。曲は情熱的なブラームスのソナタ2番。

髙木慶太さんは読売日本交響楽団のトップで弾いておられる奏者で、今回はその髙木さんがバンドネオンとの共演でピアソラを聴かせてくれるというのが、他ではちょっとなさそうな貴重な機会で楽しみにしているところ。

堀了介先生と堀沙也香さんは「理想の父娘」デュオ。曲は聴きやすいメロディーのものが多いけど、もちろん2人共に高い技巧がないととても真似できない…

こんな4人の演奏を一度に聴ける贅沢な機会はめったにないので、本当にチェロが好きな人には2日目より1日目のコンサートのほうをおすすめしたいくらいです。

(もちろん二日とも暇な人は両方来てください)

チケットのお申込みはこちらから。 個人的に声を掛けてくだされば会員価格で手配できます。

関連記事

タグ : チェロの日 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック