2016.02.17
Wed

打倒ベートーヴェン・マラソン

YouTubeでたまたま見つけた"Beat Beethoven"という市民マラソン大会のCM。

[アメリカ・ケンタッキー州のパデューカ交響楽団]

「ベートーヴェンさん、去年はいっぱいの人に負けちゃいましたね?」「なんだって?聞こえないよ!」…

何じゃこりゃと思って調べてみたら、アメリカなどでは例年あちこちでBeat Beethoven(打倒ベートーヴェン)という名前のマラソン大会が催され、どちらかというと地方の小さなオーケストラが、それぞれ地元のイベントに一役買っているよう。

BeatとBeethovenは英語の発音で「ビート…」の語呂合わせとして、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」の演奏時間30分(とちょっと)よりも速く5キロメートル走るという、一般市民の健康づくりにちょうどいい目標のマラソン大会ということのようです。いったい誰がこんなうまいことを考えたのか…?

上の大会では、通常のBeat Beethovenにひとひねり加えて、本物のベートーヴェン(に扮した人)が走り、彼よりも先にゴールしたランナーには賞品としてオーケストラのの4月公演(ベートーヴェンの第9)の招待券、 併せてベートーヴェン風のヘアスタイルのコンテストもやる、という楽しい大会になるようです[City of Paducah]。

日本でもやったらいいのにと思ったけど、日本のランナーたちは真面目だからべつにベートーヴェンにかこつけなくたって一生懸命走りますよね…

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック