2016.02.12
Fri

レッスン #295 シュレーダー3巻修了

シュレーダー3巻最後の170番、ピアッティの12番。R子先生「いよいよですね…4ページ行けますか?」「まあ聞いてください」。久しぶりに自分の楽器で。 一度通した後、フラジオレットの難所だけ抜き出して繰り返し。

これで10年間やってきたシュレーダー「170の基礎的な練習曲」全3巻が修了。160212.jpg

シュレーダーを最初にやったのは、おそらくレッスン3年目に入った'05年で、この頃の記録がないのが残念なのだが、当時はウェルナーやフォイヤール、それにシュレーダーからR子先生が課題を抜き出してくれていた。シュレーダー一本に絞ってやり始めたのが'06年。今見ると最初に印がついているのが26番。1巻を終えたのが'10年10月(#167)、2巻を終えたのが'13年10月(#240)…

まさか3巻170番まで10年続けることになるとは思っていなかった。暫くR子先生とレッスンの思い出話…

シュレーダーをやってきたことは、何かしらの「自信」につながっているとは思う。それがどんなものかを言葉にするのは難しいのだが、少なくともチェリストとして「健全な成長」の道の上を歩いているはずだ、というのか。

人と比べるものではないけど、R子先生が教えた生徒で3巻までやったのは初めてらしい。

ある時から急に力がついたように感じた時期があった。R子先生もそのように言ってくださる。2巻の終わりから3巻にかけてだったか('13~'14年)。その頃、難しく見えた曲が次のレッスンまでに思ったより弾けたということが多くなった。オーケストラやアンサンブルで大事な所を任される機会が増えた時期でもあった…

***

残った時間でエルガーの協奏曲の1楽章と、2楽章を初めて通し。

関連記事

タグ : チェロレッスン 

コメント

No title

おめでとうございます!10年間やられたんですね。
僕はウェルナーが終わり、バッハの無伴奏組曲に入っています。今年は無謀にもかかわらず6番に挑戦します。

yoshi さん、残るはエルガーですね!応援しています^^

2016/02/13 (Sat) 14:24 | TT #- | URL | 編集

> TTさん
ありがとうございます。10年間よくやったと思います。やらせた先生もすごいと思いますけど…。
バッハの6番とはすごいですね!がんばってください。
そうそう、エルガーもがんばらないと。ここのところシュレーダー最後のピアッティに時間をかけすぎていました^^;

2016/02/13 (Sat) 15:13 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

充実のレッスンですね。
シュレーダーについてはさっぱり分かりませんが^^;、ピアッティの12番の難しいことは知っているので、いやいや、すごいですね(^^)

2016/02/13 (Sat) 16:33 | たこすけ #vkcXtX9g | URL | 編集

> たこすけさん
そうそう、シュレーダーの終盤のハイライトは何と言ってもピアッティでした。ピアッティのうち10曲をできたこともいい経験になったし、最後の締めくくりがピアッティの12番というのも特別な気持ちで取り組めました。ピアッティは何番かを内輪の会ででも弾けたらと思うけど、練習し続けないと難しいかな?(^^;)

2016/02/13 (Sat) 23:20 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

No title

いつも楽しく拝見しています。20歳男です。
大学のサークルでチェロをはじめ2年目になりますが、吉岡さんのレッスンの記事を読んでいると、僕もチェロを習いたいと思うようになりました。
そこで質問なのですが、吉岡さんはどのように教室を探されたのでしょうか?
また、吉岡さんの行かれているのは個人教室とチェーン店のどちらですか?
よければ教えてください。

2016/02/15 (Mon) 07:58 | ゴリラ #ZQHR2uUw | URL | 編集

教室

> ゴリラさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
チェロを習いたいと思った当時は何もわからなかったので、とにかくヤマハの教室の一つに問い合わせて
「大人を個人でゼロから教えてくれる、できれば女性のやさしい先生」
と希望を伝えたら、別のヤマハで教えていた今の先生を紹介してもらえました。一度見学にうかがったらまさにイメージにぴったりの先生だったのですぐにお願いしたようなわけです。
後になってから知りましたが、いわゆる「ヤマハ大人の音楽レッスン」とは違って、先生が生徒に合わせて個別のやり方で教えてくれる「オリジナルコース」というものでした。
以来13年目にもなるのは、R子先生が教えることに強烈なプロ意識を持っていて、生徒が"成長"を見てもらいたくて頑張れる一番の存在であり続けてくれる先生だからだと本当に感謝しています。

これから先生を探す方に私から言えることがあるとすると、「こんな先生に習いたいな」というイメージを持って当たってみると、教えてくれるチェリストの方は意外とたくさんいらっしゃるみたいですよ、ということでしょうか(首都圏では…ということになるかも知れませんが。演奏会で聴いたチェリストに直接連絡を取って生徒にしてもらったなんていう話も時々聞きます)。
それから「いい先生」「自分に合った先生」になるかどうかは、運や相性もあるかも知れませんが、結局は互いの努力次第というところもあるんじゃないかと思います。
がんばってくださいね!

2016/02/15 (Mon) 11:42 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

No title

ありがとうございます!
そうなんですね、僕もやさしい先生がいいなと思います。
やはり見学などしてみるのが一番ですね、丁寧に教えてくださってありがとうございました!

2016/02/16 (Tue) 00:25 | ゴリラ #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック