2016.01.29
Fri

レッスン #294

冷たい雨の中、レッスン。
piatti-10.png

シュレーダー169番、ピアッティの10番。高い所で目まぐるしくポジションが変わるあたりの音程が難所。4ページと長かったけど、2回通してあがり。R子先生は「もうこれくらい最初から弾けるんじゃないですか?」と言ってくれるけど、今でも新しい曲に向かうたび3日間くらい「なんじゃこりゃ」と思いながら1小節ずつ解きほぐすように譜読みするのは初めの頃と少しも変わらないのだ…とにかくこれでシュレーダーの「170の基礎的な練習曲」も残すところあと1曲!

エルガーの協奏曲。第1楽章を通し。64小節の上りが難しい。2度あるホ短調の上り音階は褒めていただく。2度目はR子先生のピアノで。少しだけ時間に余裕があると思ったので、2楽章冒頭のLentoを、ピチカートの弾き方の確認まで聴いていただく。

関連記事

タグ : チェロレッスン 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック