2016.01.15
(Fri)

全豪2016ドロー

18日から始まる今年最初の四大大会、全豪オープンドローがきょう15日発表。男子シングルスのシードの配置は:

ジョコビッチ v 錦織
フェデラー v ベルディヒ
ナダル v ワウリンカ
フェレール v マレー

第7シードの錦織圭選手はジョコビッチのブロックで、その前にベスト8を決めるためには、4回戦で去年全仏でやられたツォンガと全米で足をすくわれたペールとのどちらかとやることになりそう。いい雪辱の機会、と思うことにしましょう。 錦織圭2015シーズン総決算号 2016年 01 月号 [雑誌]: テニスマガジン 増刊

先週のブリスベーンでの前哨戦で錦織選手は体調は良さそうでしたが、突き放すチャンスに決めきれなかったという感じ(トミックにファイナル負け)。全豪で勝ち進みながら感触をつかんで、ジョコビッチ戦で爆発させて欲しいです。

関連記事

タグ : 錦織圭 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック