2015.12.20
(Sun)

チェロ目線

今年、ドボルザークとラロの協奏曲のCDを出したヨハネス・モーザーのプロモーション動画。

モーザーの使っているガルネリのチェロ(Andrea Guarneri,1694年作)がイタリアなまりの英語の女性の声でモーザーのCD録音風景を紹介してくれるという設定。 Dvorak/Lalo: Cello Concertos

モーザーがチェロと一緒に世界を飛び回り、その合間を縫ってトイレでも練習する様子はなんだかおかしい…。 最後の30秒間くらいに映っている、モーザーが頭につけたカメラから見るドボコンを弾く様子は、中々見ることがないアングルですよね。

そういえばアンドレアという名前は女性の名前と思っていましたが、Andrea Guarneriは男性なので、どうしてだろう?と調べてみると、イタリアではAndreaが男の名前としてポピュラーで、最新の2014年に生まれた男の子の名前ランキングでもフランチェスコ、アレッサンドロ、ロレンツォに次いでアンドレアが4番目に多い名前なのだそう[ISTAT:イタリア国立統計研究所]。

上の動画でチェロの"アンドレア"が女性の声なのは、イタリア以外では"アンドレア"は女性に多いし、なんとなく"チェロは女性"というイメージだと思ったのでしょう。※後日加筆

関連記事

タグ : ヨハネス・モーザー 

コメント

No title

トイレットペーパー切って次の動作は…、と見ていて緊張しました(笑
面白いですね。モーザー。

2015/12/21 (Mon) 15:20 | たこすけ #vkcXtX9g | URL | 編集

> たこすけさん
あはは!…いや、ぜったい拭くのはそこだろうと思ってました^^;

2015/12/22 (Tue) 00:43 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック