2015.12.08
Tue

小澤征爾さんケネディ・センター名誉賞受賞

指揮の小澤征爾さん(80)が、アメリカの文化・芸術に功績のあった人に贈られるケネディ・センター名誉賞を受賞し、6日オバマ大統領にホワイトハウスに招かれレセプションがあったよう。

小澤征爾さんに米の名誉賞 大統領が功績たたえる [NHK 15.12.07]

世界的な指揮者の小澤征爾さんが、アメリカの芸術や文化に貢献した人に贈られる「ケネディ・センター名誉賞」を日本人として初めて受賞し、オバマ大統領が、小澤さんたち受賞者をホワイトハウスに招いて功績をたたえました。....

このときのオバマ大統領のスピーチがホワイトハウスの公式チャンネルにありました。

以前ヨーヨー・マが受賞したときにもそうだったのですが、このレセプション、権威と名誉ある賞なのに温かいユーモアのあるくだけた雰囲気なんですよね。

オバマ大統領が小澤征爾さんについて触れるのは4分40秒ごろから2分半くらい。

小澤さんが指揮者の道に進むきっかけを「10代の頃、母親のいいつけを守らずにラグビーの試合に出て、指を骨折してピアノが弾けなくなったこと」と紹介し、
「セイジ、あなたはあまりラグビーには向かないように見えるんだが」
「母親のいいつけを守らないとろくなことにはならない、とミシェル(夫人)と義理の母が言ってる」
「(指を骨折したことは)われわれにとっては幸運だった」
また、小澤さんの全身を使った指揮について「腕、指、ヒザ、髪の毛まで使って」と言って、聴衆の笑いを取っていました。

スピーチ全文: Remarks by the President to the 2015 Kennedy Center Honorees [Whitehouse.gov December 06, 2015]

ケネディ・センターで行われた授賞式典の様子は、29日に全米でテレビ放映されるらしく、その様子もわかったら後日。

[後日追記] 全米に放映された映像は、米国内ではCBSのサイトで視聴できるらしい。小澤さんのためにはヨーヨー・マがチャイコフスキー「アンダンテ・カンタービレ」の演奏をしたのだそう。下記はケネディ・センターのツイートから。


関連記事

タグ : ヨーヨー・マ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック