2015.12.05
Sat

歳末恒例 米国空軍音楽隊のフラッシュモブ

米国空軍音楽隊による歳末恒例のフラッシュモブが今年も3日、行われたようです。今年は場所をワシントンD.C.のユニオン駅に移して。

今年は少し地味?…と思ったら、戦後70年を記念しているのだそうで、日本人から見ると「進駐軍のクリスマス」スタイルという感じでしょうか。冒頭でドラマーにスティックを渡している女性は、デボラ・リー・ジェームズ米国空軍長官本人なのだそうです。

2013年2014年と過去2回行われたフラッシュモブのうち、とくに第1回2013年の米国空軍所属のチェリストによる「主よ人の望みの喜びを」のソロから始まったフラッシュモブが印象に残っています。

関連記事

タグ : フラッシュモブ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック