2015.11.16
Mon

いくつかハプニング乗り越えつつ本番終了

15日、オーケストラの定期演奏会が無事終わりました。 曲目は、フンパーディンク「ヘンゼルとグレーテル」序曲とチャイコフスキー「くるみ割り人形」、それにシベリウスの交響曲第2番。 いろいろ反省もあるものの、今の自分とオケとしてはできることをやりきったと言っていい出来だったのではないかと思います。

いくつか当日のハプニング。1プルト裏で弾いてくれるK先生が朝、体調不良との知らせ。 もしものときに本番でどう対応するか、色々なことが頭を駆け巡りましたが、 結局ステリハ途中から本番最後までいつも通り一緒に弾いてくれてホッと胸を撫で下ろしました。

「くるみ割り人形」では「花のワルツ」の前にハープの弦が切れるハプニング。そういえばちょうど先日、弦が切れても最後まで弾き通したチェリストを見たばかり。 ハープ奏者は落ち着いて弦を張り替え、その間、指揮の先生は客席に向かって「たまにあるんです」と言って微かな笑いをとる余裕。 もしわれわれがステージ上で弦を切ったら、とてもあんなふうに落ち着いていられないよね、と後で仲間と話しました。 ステージの上で弦を張り替えるのをお客さんと共演者が待っている…という状況を想像しただけでゾッとします。

演奏の上で緊張したのは、やはり難曲シベリウスの2番の2,3楽章。

3楽章にあるチェロの短いソロは、周りから「よかった」「歌えていた」と言ってもらえました。 思えばこの一年、ここは指揮の先生のサイン通りに弾くようにしてきただけで、おかげで「歌う」ということがどのように弾くことなのか、その一片がほんの少しだけわかったような気がしました。まだ、この曲のこういうケースでは、という限定付きですが。

定期演奏会では例年、地元の小学生が「区歌」(あまり知られていないけど、そういうものがあるんです)ともう一曲歌ってくれるのですが、今年はミュージカル「アニー」の「トゥモロー」。この歌声のかわいらしさには、オーケストラで伴奏していて、もう本当に参りました。 リハーサルのときから感じたことですが、初めはキョロキョロしていた子供たちが、音楽が始まると何かのスイッチが入ったように歌い出す、その様子はまるで一人一人がミュージカルのスターになりきったかのよう。このようにできるのは子供たちが「歌わされている」のでなく「歌いたいから歌う」ようにしてあげている先生方の指導の賜物でもあるだろうと思いました。

来年の定期演奏会のメインは、ブラームスの交響曲第1番、それにドボルザークの「謝肉祭」など。 来年またさらにいい演奏ができるようにがんばります。

関連記事

タグ : オーケストラ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック