2015.10.31
Sat

パリマスターズ・ドロー

来週2日から始まるATPマスターズ1000パリ大会のドローが発表。今年のシーズンは、この大会と世界上位8人だけで戦うロンドンのツアーファイナルの2大会を残すのみ。

シード勢が勝ち上がると:
ジョコビッチ v ベルディヒ
バブリンカ v ナダル
フェレール v フェデラー
錦織 v マレー

錦織選手は2回戦からの出場で、シャルディ→ガスケに勝つとベスト8。ガスケには過去0勝5敗。中継はGAORAとNHKが随時。

錦織選手が昨年に続いて世界上位8人に残ることはほぼ確実だ[追記: 31日に確定した]けど、今年は後半、全米1回戦でフランスのペール選手に負けたショックを引きずってしまった(僕も引きずった)。楽天でのプレーも、表情が固くてあまり元気がないと感じた。今年、錦織選手は昨年を上回る飛躍を(周りも自分自身も)期待しながら、四大大会で思ったほどの結果が出なかったことで、少しモチベーションが下がっている時期ではないかと思う。

パリ、ロンドンと続くトーナメントでなるべく上位の選手と当たってもう一度刺激を受けることが、来年の錦織選手の飛躍のきっかけの一つになると思う。

あとは、オフのトレーニングと、松江に帰って少し休養することかな。

関連記事

タグ : 錦織圭 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック