2015.09.05
(Sat)

ピンポン・コンチェルト

ピンポンのリズミカルな音に着想を得た、2人の卓球選手とオーケストラによる「ピンポン協奏曲」。今年7月、上海での演奏。クラシック専門のインターネット放送サイトmedici.tvで真面目に取り上げられていました。

Ping Pong Concerto - MISA Festival 2015 [medici.tv]

下はYouTubeにアップされた抜粋。

作曲したのはアメリカの現代音楽作曲家、アンディ・アキホー氏で、ステージで卓球を“プレイ”しているのは、実際の卓球選手なのだそうです。

タイプライターの音に着想を得た曲だってあるんですから、こういうのも“あり”かも知れません。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック