2015.08.26
Wed

山荘でカルテット

伊豆の山荘で、カルテット三昧の3日間を過ごしてきました。

例年よくおじゃましている山荘で、オーナーの第1バイオリンに、オーケストラでご一緒している第2バイオリンとビオラ、それに私の4人。この組み合わせでのカルテットは初めて。

暑い東京を逃れたつもりが、今回は台風接近の影響もあってか、高原の上は肌寒い雨模様。聞けば都内も涼しかったよう。

いつものように、街に食料の買い出しに行き、みんなで料理と食事。 目玉はなんといっても近くでとれた新鮮な魚の干物をテラスの七輪であぶって、地元のお酒といっしょに。 夜は遅くまで音楽三昧。2日目は近くの温泉に浸かって、帰りに買い出し。戻ってまた練習…。

今回4人で主に練習したのは、メンデルスゾーンの1番Op.12と、シューマンの1番Op.41-1の2曲。 この2曲、超有名曲というほどではないけど、美しく楽しい旋律がちりばめられていて、 弾けば弾くほど、これらがどうしてもっと有名曲にならなかったのかと不思議に思えてくる。ところが、この2曲のことは、あの「クヮルテットのたのしみ」の中ですら、たった数行ずつ、ごくあっさりとしか触れられていないし、そもそもメンデルスゾーンとシューマンの2人の弦楽四重奏作品について1ページずつしか触れられていないのは、この2人の作曲家に対しては、不当な扱いではなかろうか?…

とにかく室内楽というものは、いい曲がいくらでもころがっているもののようだ。

それにしても、別荘というものは、自分のものにするのはもちろん大変なことなのだろうけど、 自宅とは別にもう一つ居心地のいい住処を維持し続けるには、よほどマメでなければならない。自分のような者が快適な別荘ライフを楽しむには、自分で別荘を持つよりは、「別荘に呼んでもらえるチェロ弾きになること」のほうが近道かも。

関連記事

タグ : カルテット 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック