2015.08.04
Tue

サティとその時代展

渋谷BUNKAMURAで開催中の「エリック・サティとその時代展」を、猛暑の中、見に行ってきました。エリック・サティ(1866-1925)は「ジムノペディ」「ジュ・トゥ・ヴ」など書いたフランスの作曲家として馴染み深いものの、音楽家としては異端・異色という形容がつきまとう人。

展示では、サティと作家や美術家たちとの交友関係を示すものが中心で、中でも脚本ジャン・コクトー、音楽エリック・サティ、美術パブロ・ピカソというバレエ「パラード」は、現代から見ても「前衛的」だし、 サティ独特の詩のような書き込み付き楽譜と挿絵からなる曲集「スポーツと気晴らし」の展示と演奏(映像)は、サティの世界に浸らせてくれるものだった。

サティというと、異端視され、不遇で、屈折した人というイメージだったのが、展示を見ていると、あんがい人生後半まで楽しそうにやっていたんじゃないか、という気がしてきた。 サティについてはNHKがドキュメンタリー「サティのうた」(2008年) を放映していて、サティの二面性を「白サティ」「黒サティ」と分けて描いていたが、これは「白サティ」の側面なのかも知れない。

ただ、この展示会、サティと他の音楽家たちという点で言うと、ドビュッシーによる「ジムノペディ」オーケストラ編曲楽譜くらいしかなく、サティが「音楽家としてどういう人だったのか」を知りたい目から見ると、やや物足らない印象が残った。 展示会のサイトにあるサティの交友関係を示す相関図にも、ドビュッシーら音楽家の名前が出てこないのはどうしたわけか。

「サティとその時代展」は8月30日まで無休。一般1,400円。猛暑を逃れてひととき涼むのにはいいけど、ゆっくり見ていると冷えるので、一枚羽織るものがあれば完璧。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック