2015.07.23
Thu

松江でブラタモリ

NHKの「ブラタモリ」で次回、松江がとりあげられるとのこと! 8月1日午後7:30からの放送。 ちょうど国宝に指定されたばかりの松江城と城下町の様子が中心になるよう。 生まれ育った町がタモリの目にどう映るのか楽しみです。

実は、松江城については昔から、歴史的にあまり大きな争いもなかったこの土地にどうしてこれだけのりっぱな城を構える必要があったのだろう?と疑問に思っていました。 天守閣には銃を構える狭間や石落としなどの跡があるけど、おそらく実戦で使われたことはなかったはず。 立地としても、軍事的にどういう意味があったのか疑問です。 そう考えていくと、松江藩の当時のポジションもなんだか微妙…でも、松江で生まれ育っていると、こういう疑問はなんとなく口にしにくいもので…。

タモリには新鮮な目で「この城、必要だったんですかね?」といった、身も蓋もない質問をしてくれることを期待します。

[8月1日放送後追記] 放送見ました。松江城が“なぜ”作られたかではなく、低湿地だった松江に城下町を“どう”作ったかという話で、松江に生まれ育っても知らなかった話がありました。松江の堀川の風景は懐かしかったです。再放送は2日午後1:05から。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック