2015.07.02
Thu

チャイコフスキー・コンクール2015最終結果

先月16日からロシアのモスクワとサンクトペテルブルグで開催されていた第15回チャイコフスキー・コンクールの結果発表・授賞式が1日モスクワで開かれ、受賞者は下記の通り[medici.tvより]。

Piano Awards:
Dmitry Masleev, First Prize
Lukas Geniušas, Second Prize
George Li, Second Prize
Daniel Kharitonov, Third Prize
Sergey Redkin, Third Prize
Lucas Debargue, Fourth Prize

Violin Awards:
Yu-Chien Tseng, Second Prize
Alexandra Conunova, Third Prize
Haik Kazazyan, Third Prize
Pavel Milyukov, Third Prize
Clara-Jumi Kang, Fourth Prize
Bomsori Kim, Fifth Prize

Cello Awards:
Andrei Ionuț Ioniță, First Prize
Alexander Ramm, Second Prize
Alexander Buzlov, Third Prize
Pablo Ferrández-Castro, Fourth Prize
Seung Min Kang, Fifth Prize
Jonathan Roozeman, Sixth Prize

Voice Awards:
Females:
Yulia Matochkina, First Prize
Svetlana Moskalenko, Second Prize
Mane Galoyan, Third Prize
Antonina Vesenina, Fourth Prize
Males:
Ariunbaatar Ganbaatar, First Prize
Chuanyue Wang, Second Prize
Hansung Yoo, Third Prize
Dmitry Grigoriev, Fourth Prize

公式サイトのCONTESTANTSにも。

注目していたチェロ部門の1位はルーマニアの21歳アンドレイ・イオニタ

彼はファイナルの初日にショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番を弾いていて[replay]、なんとなくドボコンを弾いた人の中から1位が出るという先入観を持っていたので、どうなんだろう?と思いながら聴いていました。後で知ったことですが、チェロ部門のファイナルの会場、サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー大ホールは、ショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番があのロストロポーヴィチによって初演された場所(1959年)なのだそうで、彼は堂々その同じ場所で同じ曲を弾いてチャイコフスキー・コンクール1位を勝ち取ったことになります。

このファイナル、「ロココ風の主題による変奏曲」ともう1曲、協奏曲を続けて弾くという過酷なステージ。演奏し終わった後のイオニタの「つかれた~」という表情が正直で、なんとなく好感を持ちました。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック