2015.06.26
(Fri)

チャイコフスキー・コンクール2015決勝進出者

チャイコフスキー・コンクールの決勝進出者が発表されていました。

Cello, piano, violin and voice: finals and 2nd round results! [medici.tv]

公式サイトのCONTESTANTSのページが、出場者の写真をクリックすると経歴が見ることもできて見やすいかも。

チェロ部門の決勝進出者6人では、実績のある顔ぶれの中に一人だけオランダの17歳ローゼマンが入っているのに、おおっと目を引かれました。彼はおととし16歳で八王子カサドコンクールに出ているんですね(2次進出)。韓国のソンミン・カンさんは第1回八王子カサドの優勝者。スペインのフェランデス=カストロは、ドイツのクロンベルグ・アカデミーでヘルメルソン先生に師事しているから、宮田大さんの“後輩”。

チェロ部門のファイナルは28~30日、全員がチャイコフスキー「ロココ風の主題による変奏曲」の他に、フェランデス=カストロ、ソンミン・カン、ブズロフ(ロシア)の3人がドボルザークの協奏曲、ローゼマンとラム(ロシア)がプロコフィエフの交響的協奏曲、イオニタ(ルーマニア)がショスタコーヴィチの協奏曲1番。

[追記1] ファイナル・ラウンドのスケジュール[medici.tv]

[追記2] 今回のチャイコフスキー・コンクール本選に進出した25人のうちでファイナルに選択した協奏曲毎の人数を数えてみたら:
ドボルザーク 13人
ショスタコーヴィチ 5人
シューマン 4人
プロコフィエフ 2人
カバレフスキー 1人
となっていた。相変わらずドボルザークに集中する一方、ショスタコーヴィチがシューマンより多く、エルガーはなし。

関連記事

コメント

No title

Yoshiさん、こんばんは。
随分前のものにコメントしてすみません。
先週の新聞広告で知ったのですが、この優勝されたアンドレイ・イオニータさんが明後日、浜離宮でコンサートをされるのですね。
こちらで知った動画で、何度も拝見しましたが、生の演奏を観られるので行ってみようと思います。
電話をしたら、まだお席のほうは余裕があるようでした。
ご存知かと思ったのですが、ちょっとお知らせまでと思い、コメントさせていただきました

2016/10/25 (Tue) 23:59 | mado #NPcuvGJ2 | URL | 編集

> madoさん
あ、ちょうど今週来日して各地でリサイタルをしているんですね!ありがとうございます。
日本での表記は「アンドレイ・イオニーツァ」ですか。
来年の2月には東京フィルの定期に登場することになっていて、そちらが聴きに行けそうなので楽しみにしています。

2016/10/26 (Wed) 00:30 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

No title

Yoshiさん、こんばんは。
返信有難うございました。
行ってきました!もう、素晴らしかったです。感激です。アンコールも3曲もひいてくれました。
私としては前半(バッハ、シューベルト)も音色が素晴らしくてよかったのですが、一緒に行ったチェロに詳しい友人は後半の方(チャイコフスキー、ショスタコーヴィチ)が本当に素晴らしかったと言っていました。

2月に行かれるとのこと、楽しみですね。

2016/10/27 (Thu) 23:54 | mado #NPcuvGJ2 | URL | 編集

> madoさん
イオニーツァ、すばらしかったらしいですね。他にも行っていた方の激賞を聞きました。行けばよかったな…とちょっと思いました^^; とにかく2月が楽しみです。

2016/10/28 (Fri) 08:26 | yoshi #ZQHR2uUw | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック