2015.06.06
(Sat)

アルバン・ゲルハルトのロココ変奏曲

Alban_Gerhardt_4.jpg

また海外ラジオ局のオンデマンド放送ものですが、ドイツのアルバン・ゲルハルトが先月演奏したチャイコフスキー「ロココ風の主題による変奏曲」の演奏が、ドイツの公共ラジオ局WDRのオンデマンド放送で聴けます。

WDR 3 STADTEKONZERTE NRW - 02.06.2015 [WDR3]

6月2日の放送で、公開期間は放送後30日間。 オーケストラはMihkel Kütson指揮のニーダーライン交響楽団。後半はスメタナ「わが祖国」抜粋。5月19日ドイツ・クレーフェルトでの演奏。アルバン・ゲルハルトのFacebookで知りました。

このコンサートで面白いのは、ロココ変奏曲ともう1曲、アルバン・ゲルハルトが演奏したフィッツェンハーゲンのチェロ協奏曲第2番イ短調Op.4というもの。フィッツェンハーゲン(Wilhelm Fitzenhagen, 1848-1890)は、ロココ変奏曲に手を入れたことやチェロ4本のための「アヴェ・マリア」などでチェロ弾きの間では有名だと思いますが、彼のチェロ協奏曲を聴いたことがある人は少ないのではないかと思います(3曲か4曲あるそうです)。埋もれた曲に光を当てようという意図だったよう。 上記番組では初めの20分くらいがロココ変奏曲、そのあと20分くらいがフィッツェンハーゲンのチェロ協奏曲。

聴いてみると、なかなかロマンチックな旋律のあるいい曲だと思いましたし、またさすがに高い技巧を要する曲だと思いました。

関連記事

タグ : アルバン・ゲルハルト 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック