2015.05.03
(Sun)

ヨーヨー・マが(また)オーケストラのチェロセクションに

ヨーヨー・マ(59)は1日、カナダのバンクーバー交響楽団の演奏会のメインでドボルザークのチェロ協奏曲を演奏したのだそうですが、この日、楽団のチェロ奏者の一人が体調不良で欠員が出たため、前半のプログラムでもオーケストラに交じって演奏したのだそうです[Slippedisc経由バンクーバー交響楽団の下のツイートで知りました]。

この日のプログラムは、ドボルザークのスラブ舞曲、交響曲第8番、休憩をはさんで後半がヨーヨー・マの弾くドボルザークのチェロ協奏曲というもの。指揮のブラムウェル・トヴェイというひとも"自由"な人で、弾き終えたばかりのヨーヨー・マと自撮りの2ショット

実は過去にもヨーヨー・マは、たびたびオーケストラのチェロセクションに交じって演奏しており、以前にもドボコンを弾く前にオーケストラで一緒に弾いたという話がありました。

ソリストとしてドボコンを弾くのに必要な集中力、気力、体力は並大抵のことではないと思うのですが、その上にオーケストラとも一緒に弾いてしまうヨーヨー・マには驚かされます。

[追記] 上の出来事を伝えたSlippediscに続報。指揮者トヴェイの証言。これを読むと、ヨーヨー・マがチェロセクションに加わることが決まったのは、開演前15分間の舞台袖でのこと。ステージ・マネジャー、コンサート・マスター、それに指揮のトヴェイの3人が協議していたところ、ヨーヨー・マが近くを通りかかったので冗談めかして持ちかけると、快く引き受けてくれた…という経緯だったよう。ヨーヨー・マが入場したのはスラブ舞曲の後こっそりと。トヴェイは「ヨーヨー・マは音楽家としても人間としても偉大な人」と絶賛し、感謝の言葉を綴っていました。

[さらに追記] オーケストラで弾くヨーヨー・マの証拠写真[バンクーバー交響楽団のFacebookページより]。

It seems that some people still don't quite believe that Yo-Yo Ma actually subbed in for one of our ailing cellist on Friday. Well...here's the proof! As they say, a picture's worth a thousand words! #Priceless

Posted by Vancouver Symphony Orchestra on 2015年5月4日

関連記事

タグ : ヨーヨー・マ 

コメント

No title

いつも楽しみにしています。
時間があれば、過去の記事も拝読しています。

夫がテニス。息子がチェロをしています。
このブログの記事は、家族との会話のきっかけに
なり感謝しています。

2015/05/04 (Mon) 05:53 | den #- | URL | 編集

> denさん
うれしいお言葉、ありがとうございます!

2015/05/04 (Mon) 10:56 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック