2015.04.18
(Sat)

「正しい教室」

PARCO劇場で上演中の「正しい教室」 (作・演出 蓬莱竜太。井上芳雄、鈴木砂羽、小島聖、近藤正臣など)を今週観た。 よくありそうな小学校の同窓会、舞台は教室のセットのままの一幕一場2時間。 ここで語り合ううち、徐々にそれぞれの心の深い闇が明らかになっていく…。

初めは井上芳雄の演じる役に近い視点で見ていたのが、彼自身もまた闇の部分を抱えていて…という展開は一種のサイコ・サスペンスを観ているよう。 井上芳雄の新しい一面かも。 新しい一面といえば、テレビでは芯のある女のイメージの強い鈴木砂羽が弱々しく過去を引き摺る女を演じていて、舞台が終わるまで演じていたのが鈴木砂羽だったことを忘れてしまっていたほどだった(最近こちらの視力が落ちてしまったせいでもある)。キャスト陣が皆さすが。 作・演出の蓬莱竜太という人の舞台はまた機会があったら観てみたいと思った。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック