2015.04.09
Thu

ドボコン再挑戦

ドボルザークのチェロ協奏曲(ドボコン)を次回からレッスンで見てもらうことにした。いま1楽章を練習中。

ドボコン挑戦は2年前以来、2度目。1度目は1楽章で力不足を思い知らされて降参したけど、先月下旬になって楽譜を見直したら、なんだか弾けそうな気がしてきた。前よりも楽譜が音符1つ1つでなく固まりで目に入るようになった気がするし、練習し続けられる指の力がついたような気がする。レッスンでR子先生に助けて欲しいとお願いすると「やってみましょう」。

実は、なぜ今ドボコンなのか、考えを整理して書こうと思ったけど、うまく書けなかった。 言い出せばいろいろある。でも、だんだん言い訳がましくなってくる。だからつべこべ言うのはやめた。 だいたい、ドボコンが弾きたい理由に説明の必要なんかあるだろうか?…

関連記事

タグ : チェロレッスン 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック