2015.03.12
(Thu)

ボストン・シンフォニーホールで弾ける会

1月の末、ボストン交響楽団の本拠地シンフォニーホールでアマチュアがオーケストラを組んで演奏するOnstage at Symphonyというプログラムがあったのだそう。その様子を短くまとめた動画。

[ロングバージョン]

参加したのは地元マサチューセッツ州に住む大人のアマチュア演奏家が申し込んで抽選で選ばれた約100名で、 同楽団のトーマス・ウィルキンス氏指揮の下、ウェーバー「魔弾の射手」序曲、スッペ「美しきガラテア」序曲など4曲を演奏したとのこと。

プロのオーケストラの指揮者や奏者が指導してくれたり、一緒に演奏できるイベントは他にもありましたが[過去記事]、これは、ボストンのこのホールで、というところが地元のアマチュアにはたまらなかったでしょう。

でもこれ、リハーサルが当日をいれて3回しかなく、しかもそのうち1回はこの冬アメリカを襲っている大雪のため中止になり、本番前日夜と当日朝のリハーサル2回しかなかったのだそうです。せっかくの機会なんだから、もう少し長く過ごしたいですよね。

そういえば、先日行われた「チェロの日」の前の自主練習会でのこと。その日サプライズで指導に来てくださった山本祐ノ介さんが
「じゃあ今日はこのへんで」
と少し時間を余して練習を終えようとしたとき、参加者が「まだ練習できるのに...」とやや不満顔だったのを見て
「アマチュアは練習が好きだな...プロなら喜んでサッサと帰るのに」
とボヤくように言われたのがおかしかったです。もちろんみんな大笑いしました。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック