2015.03.06
(Fri)

エレキギターによるロココ変奏曲

チェロの曲が他の楽器でカバーされるといえば、よくあるのはバッハの無伴奏チェロ組曲ですが、 これはなんとチャイコフスキー「ロココ風の主題による変奏曲」をエレキギターで、しかも本物のオーケストラをバックに演奏。

[ICS CelloChatより]

弾いているのはアメリカのイーサン・ワイナーさんという元ギタリストで、チェロも弾く方。 1992年にチェロを始めてからこの曲が憧れだったけれど、なにしろチャイコフスキー・コンクールの決勝の課題になっているほどの難曲・大曲、なかなか弾けない。 それが去年の初め、ギターでこの曲を弾いてみようと思い立ち、一年間の練習の末、ついに今年1月オーケストラとの共演を果たしたのだそうです。全曲を暗譜で弾いているところに“本気”を感じます。

そういえばこのひと、YouTubeの“はしり”の頃にチェロの多重録音の動画をアップしていたひとですね。

関連記事

コメント

そうですね!

おじさまになられていて、わかりませんでした。

2015/03/06 (Fri) 22:39 | den #- | URL | 編集

> denさん
私もこの方のお歳が気になったのですが、他の所のプロフィールで1992年に43歳でチェロを始めたとありました。だとすると現在60代、多重録音の動画当時50代ということになります。
なんだか親しみを感じてきました。僕はやらないけど。

2015/03/08 (Sun) 11:01 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック