2015.02.10
Tue

機内で「狩り」

飛行機で「いい話」も…8日日曜日、アメリカのシアトルから飛び立とうとしていたアラスカ航空の出発が機器の不調で遅れる中、乗り合わせたシアトル交響楽団の弦楽奏者たちが演奏を始めて乗客たちを和ませたのだそう。モーツァルトの弦楽四重奏「狩り」。

[SlippedDisc経由King5より]

少し前にも、中国をツアー中のフィラデルフィア管弦楽団のメンバーが、北京空港に足止め中の機内でドボルザークの「アメリカ」を弾いて乗客たちに喜ばれたことがありました。

関連記事

タグ : カルテット 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック