2015.01.15
Thu

007のチェロ

以前にも書いたことがありますが、寒い季節になると思い出す、007ジェームス・ボンドがチェロケースをソリにして逃げる「リビング・デイライツ」(1987)の1シーン。

最近たまたま知ったことなのですが、ロンドン映画博物館では、ジェームス・ボンドが乗ったあのアストン・マーチンなどの車、“ボンドカー”をずらりと展示する"Bond in motion"という展示が開催されているらしいです。
リビング・デイライツ

驚きなのは、ボンドが乗った「乗り物」として、車の他にもバイクやボートやヘリなどと共に、なんとこのときのチェロケースも展示してあるのだそう。

しかも中にはまだチェロ──映画の中ではストラディバリウスという設定──も入っていて、そのチェロにはこのときできた弾痕がある…という念の入れよう。

ロンドンにお出かけの際は、映画博物館で確かめてみてください。

007の原作者イアン・フレミング(1908-1964)の異父妹は本当のチェリスト、アマリリス・フレミング(1925-1999)で、やはりストラディバリウスを弾いていて…という話も以前書いたとおり。

関連記事

タグ : ドラマのチェロ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック