2014.12.27
(Sat)

Eテレで「白鳥」

NHKの教育番組で古川展生さんの演奏するサン=サーンス「白鳥」が聴けます。

おんがくブラボー 音を感じて考えよう [NHK for School 14.12.26放送]

古川さんは今年、バッハ無伴奏チェロ組曲全曲の新しい録音を出したばかり。 バッハ無伴奏チェロ組曲全曲 古川展生

上の番組は、NHKが来年新番組化を視野に制作した小学校3~6年生向けの音楽教育番組だそうで、古川展生さんの「白鳥」はscene07。

音楽の授業で古川さんが弾いてくれるなんて贅沢な…。

(映像の一部をここに貼るのはいけないことだと思うので、リンク先でどうぞ)

番組では、この曲のタイトルになっている「ある生き物」は何?と子どもたちにクイズに出すと、「ウミガメ」「リス」という突飛な答え。でも、わけを聞くとウミガメと言った子は「海の中で優雅に泳いでいる感じ」をイメージし、リスと言った子は「木の上ですやすやと寝ている感じ」をイメージしていたことがわかる…といった具合。

子どもの頃の授業を思い浮かべると、「ウミガメ」と言った時点で、わあっと教室に笑い声が起こり、恥ずかしさにそれ以上しゃべることができなくなり、なんとなく授業がきらいになる…といったことがあったような気がしますが、ちゃんとわけまで聞いてあげるものだということですね。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック