2014.12.22
Mon

米人気番組の最終回

18日、アメリカの人気番組「コルベア・リポート」が最終回を迎えたのだそうで、 アメリカ各界の著名人たちが次々に現れてきて大合唱。この中に、ヨーヨー・マの姿もありました。

司会者・コメディアンのスティーブン・コルベアがアメリカの政治・社会を皮肉るお笑い番組で、 その終了にあたってこれだけの著名人が一堂に会するのを見ると、この番組がどれだけ愛されていたかがよくわかります。 日本のテレビ界でたとえるなら、タモリの「笑っていいとも」が今年3月に終了したときのようなものでしょうか(番組の性格はだいぶ違いますが)。

ヨーヨー・マの登場は2:00前後のところ。前で踊っているダンサー、リル・バックがちょっとじゃまですが、 彼は以前ヨーヨー・マの弾く「白鳥」に合わせて踊っていたひと


(30秒程度のCMの後)

その他、ビル・クリントン、ジョージ・ルーカス、シンディ・ローパー、ビッグバード、クッキーモンスターなど。 4:00頃に、90歳を過ぎたはずのヘンリー・キッシンジャーの姿を見つけたのには驚きました (出演者の一覧をまとめているサイトがありました)。

ここで全員が歌っているのが"We Will Meet Again"(1939年イギリス)という、明るく前向きに聴こえるけれど、「また会いましょう いつどこでかはわからないけど いつか晴れた日に」というお別れの歌で、イギリスではお葬式でリクエストされる曲の1つとして出てきたことがありました。

また、この番組にはヨーヨー・マだけでなく、リン・ハレルがチェロのぶんのマイルをためていたことをからかわれる(…ように見せて実は航空会社の対応を皮肉る)エピソードに登場したことがありました。

関連記事

タグ : ヨーヨー・マ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック