2014.12.14
Sun

今週の練習

ハイドンの協奏曲1番の3楽章が中心。音程に気をつけながら、ゆっくりのメトロノームで。今のところまだ60~70くらいのまま。不思議なことに、初めはこんなにゆっくりのテンポでも難所に差し掛かるとメトロノームの音を聞こうとしても聞こえなくなってしまい、気がつくとズレてしまっていた。 ようやくメトロノームを聞きながら弾けるようになったところ。 まだ音程の甘いところがあるかも知れない。難所ではまだ緊張する(特に中間部)。この後、3楽章の華麗さ快活さが生きる程度までテンポを上げられるかどうか。

***

来年のオーケストラの曲の譜読み。以前は譜読みというと、とにかく楽譜に指番号を書き入れて、 それをするとある程度「譜読みをした」ことの証として安心していたけど、あまりしなくなった。 指番号はあまりたくさんは必要なくなったし、あまり早くから楽譜を汚したくないというのもあるし、なにより「指が決まっている」ことと「譜読みができている」ことの間にずいぶん距離があると思うようになったから。 141214.png

では、どういう作業をすると「譜読みができた」ことの証にできるかというと…そこはまだよくわからず手さぐり。 (写真は一昨年チャイコフスキーの交響曲第5番を弾いたときの楽譜)

***

最近、楽譜の製本に使っているのは、以前使っていたマスキングテープでなく、 ドラッグストアで買える紙絆創膏。 最近のマスキングテープは、装飾目的で使うのがブームのせいか、妙に分厚く丈夫になって、製本には使いにくくなった(もしいいのがあったら教えてください)。

関連記事

コメント

製本テープ

はじめまして。アマチュアチェロ弾きのNekoと申します。

自分ではなかなか知り得ない海外の色々な情報など、感心&感謝しながら楽しく読ませていただいております。

さて、製本テープですが、私は数年前からキハラの製本テープを愛用しています。
(今はスコアテープという名前で販売されているようです)

少しお値段が張り、また張り方にも多少コツがいりますが、絆創膏より薄く、また経年劣化も少ないのでオススメです。機会あれは試してみてください。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/bookbuddy/a40-908000.html

2014/12/17 (Wed) 08:55 | Neko #- | URL | 編集

Re: 製本テープ

> Nekoさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
チェロを習う道すがら目にとまったもので一緒に誰かが面白がってくださればそれだけでうれしいです。よろしかったらこれからも(有益かどうかは期待しないで^^;)よろしくお願いします。

キハラのスコアテープですか、知りませんでした!
プロも使うということからでしょうか、お値段は送料含めそれなりみたいですが、ネットで買えるというところがいいですね。
(リンク先の関連商品に、以前教えてもらって使ってみたことがあるページヘルパーという製品も見つけました。これもうまく使えればいい製品だと思いましたが、その後必要なときにすぐに手に入らなかったので…)
機会があれば試してみたいと思います。ありがとうございました。

2014/12/17 (Wed) 11:48 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック