2014.12.12
Fri

新しいカーボンチェロのメーカー

また新しくカーボンファイバー製のチェロのメーカーがあるのを見つけました。ザルツブルグのRicci Carbon Instrumentsという会社で、ここのカーボンファイバー・チェロをすでにあのThe Piano Guysも使っているそう。

カーボンファイバー製のバイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスがあって、チェロが7,990ユーロ(約118万円)と他のメーカーに比べてやや値段がお高めなのですが、特徴的なのは、真っ黒なカーボンチェロのほかに、カーボンなのに木目調のチェロもあること。プロのオーケストラでは、いかにもカーボンと判る楽器だと使わせてもらえない、という要求に応えたもののようです。

カーボンファイバーのチェロは、あの黒いボディがカッコいいと思っていたのですが、そういう要求もあるのですね…。あくまで「ちょっと変わったセカンド楽器」だった時代から、だんだん「メインの座」も狙う存在になってきたということでしょうか?…

Ricci社のチェロを使ったラストレリ・チェロカルテットの演奏で、ピアソラの「オブリビオン」。そもそもこの動画を見つけたことがきっかけでした。

関連記事

タグ : チェロ道具 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック