2014.11.25
Tue

3階席から

宮田大さんが読売日本交響楽団とエルガーのチェロ協奏曲を弾くコンサート。指揮・尾高忠明さんと宮田大さんとのエルガーを聴くのはこれで何度目か。今回の席は、遥か下を見下ろす芸術劇場の3階席後方。それでも微かな音までもがよく聴こえた。

自分がもしあそこで弾いたら、ここでどんなふうに聴こえるだろうか?そもそもここまで音が届くだろうか?…

ソリストアンコールがヘンデルのブーレ。鈴木のチェロ指導曲集の第2巻にもあるこの曲は、聴けば何だか懐かしい歌のようにも聴こえるけれど、アンコールに弾くという発想は中々ないのではないかと思った。一昨日の公演のアンコールはバッハの組曲3番ブーレだったそう。

後半はエルガーの未完の交響曲第3番。読響は存じ上げている奏者の方が勢揃いの厚い陣容だった。

第171回東京芸術劇場マチネーシリーズ
2014年11月24日(月・休) 14:00開演
会場:東京芸術劇場
指揮=尾高 忠明
チェロ=宮田 大
エルガー:チェロ協奏曲 ホ短調作品85
エルガー:交響曲第3番(ペイン補完)作品88

[追記]
宮田大さんがこのとき使っていた楽器はストラディバリウスだったことを後で知った。宮田さんの公式サイトでも使用楽器のところが更新されていた。

... 2014年10月より上野製薬株式会社から貸与されている1698年製ストラディヴァリウス"Cholmondeley"を使用している。[宮田大オフィシャルサイトより]

この楽器は、1988年にサザビーズで120万ドルで落札され(落札者は匿名)、当時、楽器のオークションとしては世界最高額の記録だったことがニュースになっていた[AP 1988.06.23]。Cholmondeleyの名は19世紀半ばに所有していたMarquess of Cholmondeley[tʃʌmli]、チャムリー侯爵に由来するらしい。

関連記事

タグ : 宮田大 

コメント

yoshiさん、私は22日に聴いてまいりました。24日はほぼ売切れに近いようでした。

今回初めて宮田大さんのエルガーを聴きましたが、本当に素晴らしくて、胸が熱くなりました。1階後方席でしたが、おっしゃる通り、小さな音でも音色が澄んでいて、それでいて豊かに聴こえました。

アンコールのバッハ3番ブーレは、軽い感じで始まりましたが、本当に美しくて、途中から、息をつめるくらい、観客が静まり返り、会場内が一つになったようでした!

2014/11/25 (Tue) 23:10 | mado #S1xi4FKw | URL | 編集

madoさんも22日のサントリーでお聴きになりましたか。宮田大さんのエルガーすばらしかったですね。
思い出してみると、これまで宮田大さんのアンコールというと「鳥の歌」や「荒城の月」といったしんみりとした曲を聴くことが多かったのですが、今回の2つのブーレは、たまには少し楽しい曲でしめくくろうというアイデアだったのかも知れませんね。

2014/11/26 (Wed) 00:36 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック