2014.11.12
Wed

藤原真理さんのインタビュー

J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)藤原真理

前の記事で朝日新聞デジタルに登録されたなら、これも…

先日、新しいバッハ無伴奏の録音を出されたばかりの藤原真理さん。体と演奏との関係について。

(華麗な人)チェリスト・藤原真理さん 骨盤 体の中心から奏でる [朝日 14.11.06 ※これも全文読むには登録要]

体の「中心線」をまっすぐに保つことが大事とのこと。

…ゆったりしたテンポの曲を弾く時は、その中心線を1本の大木のように太くイメージする。テンポが速く激しい曲は、中心線をできるだけ細くシャープに。
「低い音の時は重心をちょっと低めに、高い音は内臓を引き上げる感じで弾く…」

この感覚はなんとなくわかる気がしますが、もしかしたら私の場合、中心線を細くしているのでなく、体を緊張させているだけなのかも知れません。

何にせよ、自身の体に自覚的であることは必要なのだろうなと思いました。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック