2014.10.29
Wed

カザルスの名言の出典

ツイッターなどをながめていると、有名人が言ったとされる名言・箴言がたくさんの人にツイートされているのを見かけます。 ただ、多くはいつどういう文脈で言ったのか、原典が示されず、 本当にその人がそんなことを言ったのか?みんなが受け取っているような意味で言ったのか? よくわからないケースがたくさんあります。
Complete Published EMI Recordings 1926-1955 Import
Pablo Casals

そうしたものの中には偉大なチェリストが言ったとされることばもあります。英語圏でよく流れているものの一つが:

The legendary cellist Pablo Casals was asked why he continued practice at age 90.
"Because I think I am making progress," he replied.

伝説のチェロ奏者パブロ・カザルスは、90歳になっても毎日練習を続ける理由を尋ねられて答えた。
「まだ上手くなっていると思うんだよ」。[※拙訳]

この言葉を、パブロ・カザルス(1876-1973)が実際に言ったのか?言ったとすれば、いつどういう状況か?…Quote Investigator(「名言探偵」)という、古今の名言・箴言の原典を調べているサイトが調べた記事がありました。

I Feel that I Am Making Daily Progress - Pablo Casals? Apocryphal? [Quote Investigator 14.02.12]

かいつまむと、カザルスは実際にこれに近い発言をした証拠があるのだそう。

最初は、戦争が終結に向かおうとする1944年、カザルスが「練習を再開しました。日々進歩しているのを感じます」とニューヨークタイムズの記者宛ての手紙に書いているらしい。このときカザルス67歳。

次は1958年、アメリカのコラムニストLeonard Lyons(1906-1976)という人が、当時カザルスを描いた映画の監督とカザルスとの間のやりとりとして、上の言葉とほぼ同じことを書いているのだそう。 カザルスが80歳になった頃のこと。このときの言葉が翌1959年5月のリーダーズ・ダイジェスト誌に下記のように引用されたので、これが広まったのかも知れない。

The world’s foremost cellist, Pablo Casals, is 83. He was asked one day why he continued to practice four and five hours a day. Casals answered, “Because I think I am making progress.”
— Leonard Lyons

***

日本語でよく流れている「名言」としては、ヨーヨー・マ

人生でいちばん大事なことは「心地よさ」を感じること。偏見をもたないこと。
と言ったというのが、たくさんの人に繰り返されているのですが、出典を書いている人を見ません。 不思議なのは、流れているのは日本語ばかりで英語バージョンを見ないのです。

これはヨーヨー・マがいつどういう文脈で誰に向かって言った言葉なんでしょうね?あるいは、本当にヨーヨー・マはそんなことを言ったのでしょうか?

関連記事

タグ : パブロ・カザルス  ヨーヨー・マ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック