2014.09.22
Mon

折りたたみチェロのその後

トレンチ・チェロの話題から、以前見つけた旅先でも練習ができるという折りたたみチェロがその後どうなっているか見てみたら、まだありました。

高齢だった発明・創業者は後継者に道を譲ったものの、同じPrakticelloという商品名で、ウェブサイトも一新し、フェースブックのページも。価格は1,450ドル(約15万8千円)…

フェースブックで紹介されていた利用シーン。

トレンチ・チェロを紹介するBBCのラジオ番組でも、1900年頃すでにあった行楽先でも弾けるholiday celloというものに触れられていましたから、こうしたものがあったらいいな、なければ作ってしまおう…と思う人はいつの世にもいる、ということかも知れません。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック