2014.09.20
(Sat)

トレンチ・チェロの音色

先日書いた、第一次世界大戦のとき、イギリス軍兵士が戦場の塹壕(trench)の中で弾いたというトレンチ・チェロの、ステイーブン・イッサーリスによる生演奏がBBCラジオで聴けます。

BBC Radio3: In Tune[Friday 19 September 2014]

昨日19日の夕方(日本時間深夜)に生放送されたもので、1週間の限定公開。番組の冒頭 7分過ぎからイッサーリスが登場して、約10分間、トレンチ・チェロの話題と演奏。トークをはさみながら、初め短い曲を2曲(イギリスの古い歌か何かでしょうか?※追記2参照)の後、バッハの無伴奏組曲5番のサラバンド。

[追記1] 上記番組のトレンチ・チェロの話題部分10分間は、1週間を過ぎても聴けるようになっていました。
SoundCloud: BBC World Service Radio: World War One Cello made out of ammunition box
BBC - Podcast and Downloads: Radio 3 In Tune Highlights。"Steven Isserlis Trench Cello 19 SEP 2014"というepisodeをダウンロード(5MB)すればオフラインでも聴けます。

響きはさすがに本物のチェロほどではない気がしましたが、儚げな響きが、イッサーリスが弾き、その歴史にも思いを馳せると、何とも言えぬ味わいになるような気がしました。

トレンチ・チェロを弾いている姿はこんなかんじ。弾薬箱を利用して、ネックや弓を箱に入れて持ち運べるようになっているのが特徴。

[英国王立音楽アカデミーのツイートより]

しまうときは、こんな感じ。

19日のスタジオの様子。

[追記2] イッサーリスが番組中、トレンチ・チェロで弾いた曲目。
初めの短い2曲はいずれも第1次大戦中のイギリスの歌。
- "Keep the home fires burning" Ivor Novello作曲(1914)
- "Jerusalem (And did those feet in ancient time)" Hubert Parry作曲(1916)
プロムス最終夜に決まって歌われる聖歌だそう。
- バッハ無伴奏チェロ組曲第5番サラバンド

[追記3] イッサーリスは翌20日のBBC Radio4の朝の番組Todayにも呼ばれて、番組の最後6分間くらいでトレンチ・チェロの紹介。内容はほぼ同じで、弾いたのは上の"Jerusalem" 1曲。この放送も1週間限定。

[追記4] このトレンチ・チェロを展示する英国王立音楽アカデミーの解説。イッサーリスといっしょにラジオに出ているBeare氏によるもの。これを読むと細かいところではいくつか疑問がわいてきますが、実際よくわかっていないのかも知れず、だからこそ想像を掻き立てるのかも知れません。

関連記事

タグ : スティーブン・イッサーリス 

コメント

ありがとうございました。
ある意味予想通りの音ではありましたが、かつてこれを作った人、弾いた人に思いを馳せるとしみじみ。やっぱり弾いてみたいです(^^)
それにしてもイッサーリスはいいですね。

2014/09/21 (Sun) 10:56 | たこすけ #- | URL | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/09/21 (Sun) 23:20 | # | | 編集

ありゃ、今のコメント別に管理者のみ閲覧にしたつもりだったわけではないのですが・・・(苦笑

2014/09/21 (Sun) 23:22 | たこすけ #vkcXtX9g | URL | 編集

> たこすけさん
コメントありがとうございます。僕もやはりこれを100年前に作り、弾いた人のことを思ってちょっと感激しました。しかもイッサーリスが弾いてくれるというのがいいですよね。

管理者のみ閲覧になってしまったコメントですが:
> 収納した状態のチェロを見ると、”これで満員電車も大丈夫””飛行機でも膝の上でOK! とならないものでしょうかね。
> ”もっと気軽にチェロをアウトドアに”みたいなコンセプトで商品化してほしいものです(^^♪


これについて、番組の中でもこのトレンチ・チェロを買い取った専門家の人が "holiday cello"が何とか...と言っていて、行楽先で使うチェロとしての用途が考えられていたのだと思います。
このような組立式のチェロとしては、Prakticelloという名前で商品化されたものがあり、前に書いたことがありました。これは名前からも察せられる通り、練習用と割り切った商品でしょうか。

折りたたみチェロ
http://ze.blog2.fc2.com/blog-entry-1572.html

楽器として楽しめる音色と手軽さと、うまいところでバランスが取れるといいでしょうね。

2014/09/22 (Mon) 00:16 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック