2014.09.04
Thu

錦織、全米ベスト4!

全米準々決勝で錦織圭選手がバブリンカに勝って、初の四大大会ベスト4

K.NISHIKORI[10] 3-6 7-5 7-6 6-7 6-4 S.WAWRINKA[3] [stats]

朝4時から起きて見ていましたが、第1セットから今年の全豪覇者で世界4位のバブリンカの強烈なストロークに、ずっと耐える展開。

第2セット以降はサーブをキープしながら、少ないチャンスをものにして、セットカウント2-1になったときには行けると思いましたが、 第4セットはバブリンカもミスを減らしてきてフルセット(コーチのマイケル・チャンのこわい顔…)。

バブリンカの強烈な片手バックハンドに対して、錦織選手の作戦は、早い展開とネットプレー。守勢のときはセンター寄りのストローク。

ファイナルセットは、ブレークのピンチを幾つもしのいで5-4となったバブリンカのサービスで1stサーブが入らず、突然やってきたマッチポインチをとって6-4… 勝った瞬間、喜ぶでもなく、茫然とした表情が印象的でした。

ファイナルセットは錦織選手もさすがに疲労の色が出ていましたが、故障の心配は今のところなさそう。 次の相手はジョコビッチとマレーの勝者。しっかり休んで力いっぱいぶつかって欲しいです。

[5日追記] 準決勝の顔ぶれ。
ジョコビッチ v 錦織
チリッチ v フェデラー
フェデラーは準々決勝モンフィスに2セットダウン、マッチポイント2本からの逆転勝ち。

関連記事

タグ : 錦織圭 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック