2014.09.01
(Mon)

錦織選手、全米ベスト16→ベスト8!

錦織圭選手が全米でベスト16。大会前に足の故障で出場さえ危ぶまれたことを思えば、 3回戦までの内容はコーチのマイケル・チャンが「100%」と言うのもうなづける。 実際の内容を見るとファーストサーブの確率も50%程度だし、ミスも多いけど、 勝負を分けそうな短い時間に限れば100%に近い集中力が発揮できている。

よくあることだが、自分への期待があまり高くないと──そうできない事情があったりすると──今できることだけに集中できたりする…

ベスト8を決める4回戦(日本時間2日朝)の相手は、ラオニッチ。 前回ウィンブルドンは、サーブにやられて手も足も…という印象だったけど 6-4 1-6 6-7 3-6とそれほどでもなかった。 敗戦はこれだけで、対戦成績は2勝1敗。 芝のウィンブルドンとは今回、条件も違う。 マイケル・チャンがWOWOWのインタビューで言っていた「ラオニッチは錦織選手との対戦をそれほど好きじゃないと思う」というのは当たっていると思う。

[2日追記]
錦織、4-6 7-6 6-7 7-5 6-4 のフルセットでラオニッチに勝って、全米初のベスト8!4時間19分の接戦は、終了時刻が現地午前2時半近くだった。

[3日追記]
男子のベスト8が決まった。この顔触れの中に錦織選手の名が残っているのがうれしい。
ジョコビッチ v マレー
バブリンカ v 錦織
ベルディヒ v チリッチ
モンフィス v フェデラー

***

ところで、錦織選手の足の故障が右足親指の付け根の「嚢胞(のうほう)」というものだったことを大会が始まってから知った。 これは実はつい2年ほど前になったことがある。場所も同じ。同じ松江生まれの仲、こんなところでも共通点があるものか、と思った。

こちらの原因はテニスではなく、おそらくチェロを持って歩いたり、楽譜を見ながらしゃがみ込んだりするときに足裏にかかる負担だったのではないかと思う(少なくとも一番痛みを感じたのはそういうとき)。 痛みの種類は、硬い異物が入っているような、「魚の目」のような痛さで、ひどいときには炎症を起こし、痛み止めの薬を飲まないと歩くことにすら苦労した。 幸い気づいてくれた2軒めの医院が外科的な処置をしてくれ──これが、麻酔をしてくれなかったので大層痛かった──以後足に負担のかからない靴を求めたり、足裏にパッドを貼るようにしたりしていたが、いつの頃からかそれもしなくなった。今でも片足に過度に負担がかからないよう気をつけている。

関連記事

タグ : 錦織圭 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック