2014.07.20
Sun

今週の練習

ピアッティで右手に痛みを感じるようになって、練習を少しセーブ。

曲は、ボッケリーニのチェロ協奏曲の2,3楽章。 レナード・ローズ編IMCの楽譜は、ボウイングにしろフィンガリングにしろよくできている。 あるいは、自分の技量やクセに合っているのかも知れない。 初めは自分なりに変えてみていたフィンガリングも、結局ローズ先生の弾き方に戻ってくる。

3楽章は、難しさは超がつくほどではないけど、なかなか技巧的。 親指を幅広く使い、しかも頻繁に動く。 根を詰めると親指が痛んでくるので、これも少しセーブしながら。

手の痛みのせいでそのときやりたい練習にブレーキをかけると、その日の練習をやったという感じがしない。 そんなわけでいまひとつ気持が乗ってこない。

8月のアンサンブル発表会本番で弾く4組6曲。個人で練習するところはだいたい決まりきってくる。 これが終わると11月の定期演奏会。

その先の目標が今のところないのが、最近いまひとつ気持が乗ってこない原因のもうひとつ。 実は門下の小さな発表会が知らないところで企画されていたらしいのだが、日程的に参加できない日にすでに決まっていた。 なんだかな、である。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック