2014.04.27
(Sun)

錦織選手、バルセロナ決勝進出→優勝!

錦織選手がバルセロナの大会で準々決勝チリッチ、準決勝グルビスに勝って決勝進出!決勝の相手に勝ち上がってきたのはナダルでなく格下のヒラルドなので優勝のチャンス?!

大会当初は、股関節の故障明けにしっかりプレーできているだけで安堵していたのに、ここまで来ると優勝を期待してしまうのだから、見るほうは欲張りなものです。

一方、ここで体を酷使して5月の全仏に影響が残らなければいいが、などと考えると、錦織選手が快進撃をしていても、結局、心安まるときがありません。

右は錦織選手の決勝進出を伝える大会公式サイト。「バルセロナのツナミ」という見出しは、それだけ今の錦織選手に勢いがあることを表したかったのだろうとは思いましたが、ちょっとどうなのかな、とは思いました…。

決勝戦は27日23時(日本時間)から。GAORAで生中継。

追記1: 錦織選手、6-2 6-2で勝って優勝!

追記2: 優勝後のインタビュー(ATP公式チャンネルから)。

追記3: 上のインタビューにもあった、大会優勝者がプールに投げ込まれる“儀式”。うれしそう!

追記4: なお、この日の決勝の前、2日前の25日に亡くなったFCバルセロナの前監督フランセスク・ビラノバを追悼してカザルス「鳥の歌」が流れ、スタジアムにいた全員が黙祷した。
カザルスはもちろんバルセロナのあるカタルーニャ地方の生まれ。そのカザルスと錦織選手の誕生日が同じ12月29日だということを知っていて、特別な感慨で見ていたファンはそう多くないかも…

関連記事

タグ : 錦織圭  パブロ・カザルス 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック