2014.04.09
Wed

ストラディバリウスvsモダン楽器

ストラディバリウスなどの名器のオールド・バイオリンと近年作られたモダン・バイオリンとを、プロのバイオリニストに弾き比べさせてもほとんど区別できず、むしろモダン・バイオリンの方が好まれた、という実験結果[NYTimes 14.04.07]。

なんだか前にも聞いた話だな…と思ったら、2年前に書いたのと同じひとの研究の「その後」でした。

今回の実験では、10人のプロのソリストに、ストラディバリウスを含むイタリアのオールド・バイオリン6本とモダン・バイオリン6本の計12本を、 リハーサル室と300人収容のホールと両方で75分間ずつ弾き比べさせた上で「もしコンサートで使うとしたら?」という質問をしたところ、10人中6人がモダン・バイオリンを選んだ、とのこと。

さらに、自前の弓を用意させたり、伴奏をつけたり、聴いた人に意見を聞いてもいいという条件をつけたり、前回の実験より説得力を増すためにずいぶん念を入れたよう。

著者のフリッツ氏「この研究の目的は、ストラディバリウスの価値を貶めることではなく、オールド楽器が持てない若いソリストたちでもモダン楽器で素晴らしい演奏ができると示すこと」。

原論文はこちら[pnas.org 14.04.07]。

関連記事

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック