2014.02.25
Tue

ヨーロッパで最も楽器演奏人口比率の高い国は?

欧州連合がEU加盟国で定期的に行っているユーロバロメーターという調査で、EU各国の人々の芸能・音楽・美術など文化的活動への参画度合いを調査した結果があることがわかりました。 EU加盟27ヶ国の27,000人を対象に、昨年2013年4月から5月にかけて聞き取り調査した結果だそうです。

New Eurobarometer survey on cultural participation in Europe [European Commission, Nov. 2013]
Special Eurobarometer 399 on cultural access and participation, 2013 [報告書PDF]

この中で「過去一年間に楽器の演奏をした」と答えた人はEU全体では8パーセント。 国別で最も多かったのはスウェーデンで22パーセント、次いでデンマークが21パーセント。イギリス、フランス、ドイツといった国は、いずれも10パーセントとなっていました(報告書51ページあたり)。

スウェーデン 22%
デンマーク 21%
フィンランド 16%
ルクセンブルク 15%
オランダ 14%
北アイルランド、オーストリア 12%
ベルギー 11%
イギリス、ドイツ、フランス 10%
(以下略)

日本では、総務省の社会生活基本調査で「過去一年間に楽器演奏を一日でもした」という人が約10パーセントでしたから[過去記事]、 だいたいイギリス、フランス、ドイツといった国と同じですね。

スウェーデンとデンマークの2ヶ国は楽器演奏以外にもダンス・歌・美術・文芸など他の分野でも参画度合いが際立っていて、どういう理由だろうか?と興味深く思いました。


関連記事

タグ : 楽器人口 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック