2014.02.15
(Sat)

トルルス・モルクがスキーで怪我

チェリストのトルルス・モルクは、今月の21日にニューヨークのカーネギーホールでのフィラデルフィア管弦楽団の公演にソリストとして出演する予定だったところ(ヤニック・ネゼ=セガン指揮、ショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番)スキー中の肩の怪我のため出演できなくなり、代わりのソリストはヨハネス・モーザーがつとめることになったそうです[SlippedDisc経由カーネギーホール発表]。

Please note that cellist Truls Mørk has withdrawn from this performance due to an injury to his shoulder as a result of a skiing accident.
Cello Suites Bwv 1007-1012 [CD, Import]Truls Mork

怪我の回復には「数週間」かかる見込みだそう[Broadway World]。

トルルス・モルクというとどうしても数年前、病気でしばらく公演を休まなければいけなかったことを思い出してしまうのですが、今回はスキー中の怪我… 早く回復されますように。

関連記事

タグ : チェロ事件簿  トルルス・モルク  ヨハネス・モーザー 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック