2014.01.13
(Mon)

オーケストラ始動

土曜日、今年のオーケストラ活動が指導。総会での話し合いと、序曲を初合わせしたあと、新年会。

今年の曲はドボルザークの交響曲第6番ブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲」ニールセン「ヘリオス」序曲…これらの曲を「ああ、あれね」と言ってくれる人は、どうやらあまり多くないよう。 僕としてもまだこれらの曲について「こういう曲でね…」と語れるほどには理解していない。

オーケストラの選曲にはいろいろあると思うけど、オーケストラ歴まだ5年目の僕としては、どんな曲が来ても未経験な代わりに新鮮な気持ちで取り組むことができるし、どんな曲でも練習を重ねるうちにいい曲だと思えてくるものだとわかってきた。

もちろんオーケストラで弾く以上は、いわゆる名曲といわれる有名曲はひととおりやってみたいというのはあるけど、それはめぐり合わせというもので、自分の努力ではどうしようもないし、そのことを目標にしても人生の残された時間は短い。そう考えると、一曲一曲を大事に楽しめたらそれでいいと思うのだ。

定期演奏会は11月に公会堂で。それまでに曲についてここにも書けたらと思う。

関連記事

タグ : オーケストラ 

コメント

NoTitle

私はアマオケではヴァオイリン弾いているのですが、今月26日が定演でブラームス特集。真ん中の一曲がハイドンバリエーションです。この半年随分ブラームスについて調べたり曲目紹介も書いたので、この曲が彼の作曲家人生の中で重要な位置を占めることも知りました。練習すればするほど面白くなる曲だと思います。

2014/01/15 (Wed) 22:01 | 楽音 #- | URL | 編集

> 楽音さん
おお、今度ハイドンバリエーションを弾かれるのですか。
この曲、このところ聴いてみてもとてもいい曲ですし、私にとってはオケ・室内楽含めて「初ブラームス」になるのでこれからの練習が楽しみです。
演奏会の盛会をお祈りします!

2014/01/16 (Thu) 00:33 | yoshi #mQop/nM. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック