2014.01.10
(Fri)

全豪2014ドロー

今年も全豪オープンからシーズンがスタート…。きょう発表されたドローによると、錦織圭選手(24)は第16シードで、第1シードのナダルのブロック。1回戦が地元オーストラリアのマトセビッチ(28歳,56位)。ベスト8を賭けてナダルに当たるには、3回戦で昨年のウィンブルドン3回戦で敗れたイタリアのセッピと、先週ブリスベーンで敗れたヒューイット(32)のどちらかに勝たなければいけなそうだから、なかなか大変。マレーフェデラーも同じ上半分のブロックに集まってしまった…。

((ナダル v ((セッピ v ヒューイット) v 錦織)) v デルポトロ)
(マレー v フェデラー)
(ベルディヒ v フェレール)
(バブリンカ v ジョコビッチ)

添田選手は1回戦マレーと。女子ではクルム伊達選手が1つ勝つとリー・ナと当たるブロック。

去年は「あと一歩」の結果が出なかった錦織選手に、応援しているこちらが落ち込んだりしたので、今年は冷静に見るようにしようと思います。

追記: もうひとつの注目は、錦織選手がマイケル・チャンをコーチに迎えた以外にも、ジョコビッチがボリス・ベッカーを、フェデラーがステファン・エドバーグをコーチに迎えたことで、従来からマレーをコーチしているイワン・レンドルに加えて、スタンドに陣取る80~90年代のスター選手たちの姿が見られそう。

関連記事

タグ : 錦織圭  ノバク・ジョコビッチ 

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック